20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


雨に歌えば I'm singing in the rain



ミュージカル映画「雨に歌えば」I'm singing in the rainの主題歌(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  雨にぬれて
  歌を歌えば
  心の中は
  すっきりするんだ
  黒い雲に
  笑いかければ
  心に太陽
  恋する気分さ
  雲なんかへっちゃら
  どうってことないさ
  雨にぬれても
  笑顔でいられる
  足取り軽く
  道を歩こう
  歌いながら
  雨にぬれて

  雨に踊れば
  ディーア ディーア ディー
  ディーア ディーア ディー
  幸せな気分
  雨に歌い 踊れば


「雨に歌えば」I'm singing in the rain は1952年にリリースされたミュージカル映画。サイレントからトーキーへと移り変わるハリウッド映画界の裏側を、コメディタッチで描いている。数あるミュージカル映画の中でも、もっとも評価の高いもののひとつだ。

主題歌は主演のジーン・ケリーが歌った。アーサー・ブリード(作詞)、ハーブ・ブラウンによって1926年に作られたものだが、この映画を通じて世界中に親しまれるようになった。







I'm singing in the rain

  I'm singing in the rain
  Just singing in the rain
  What a glorious feelin'
  I'm happy again
  I'm laughing at clouds
  So dark up above
  The sun's in my heart
  And I'm ready for love
  Let the stormy clouds chase
  Everyone from the place
  Come on with the rain
  I've a smile on my face
  I walk down the lane
  With a happy refrain
  Just singin',
  Singin' in the rain

  Dancin' in the rain
  Dee-ah dee-ah dee-ah
  Dee-ah dee-ah dee-ah
  I'm happy again!
  I'm singin' and dancin' in the rain!




前へHOMEミュージカル次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである