20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


サイモンとガーファンクル



サウンド・オヴ・サイレンス The Sound of Silence:サイモンとガーファンクル
スカボローフェア Scarborough Fair By Simon and Garfunkel
ミセス・ロビンソン Mrs Robinson :サイモンとガーファンクルの歌
夢の架け橋(明日にかける橋) Bridge Over Troubled Water :サイモンとガーファンクル
コンドルが飛んでいく EL CONDOR PASA :サイモンとガーファンクル
バイバイ・ラヴ Bye Bye Love:サイモンとガーファンクル







サイモンとガーファンクルは、1960年代に活躍したフォーク調のロックを基調としたミュージシャン。ポール・サイモンが作った歌を、アーサー・ガーファンクルが透き通った声で歌った。ほかに、スカーボロ・フェアやコンドルは飛んでいくなど、各国のフォークソングを取り上げた。




HOME




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである