The Beatles' Wonder World
HOMEブログ本館マザーグース 英文学 | ブレイク詩集 | フランス民謡 | 映画探検東京を描く | BBS



ノルウェーの森 Norwegian Wood



  いつかぼくには ひとりの恋人がいた
  彼女の部屋は ノルウェーの 森の中

  彼女はぼくに 座るようにといったけれど
  どこを探しても椅子は 見つからなかった

  絨毯の上で ワインを飲みながら
  話し続けていると 彼女は言った 寝ましょうと

  彼女はぼくに ご苦労様といって笑った
  ぼくはベッドを這い出して 風呂の中で寝込んだ

  目覚めると 小鳥はいない 飛び去ったんだ
  それでぼくは ノルウェーの森に 火をつけたんだ


1965年のアルバム「ラバーソウル」に収録。ジョン・レノンとポール・マッカートニの合作とされているが、レノンが主に作った。ジョージ・ハリソンがシタールを演奏して、幻想的な雰囲気を演出している。

この曲をめぐっては様々な臆説が立てられた。まず題名については、文字どおり「ノルウェーの森」とするものと、「ノルウェー製の松の木材」とするものとがある。また歌の内容は、ジョンの浮気を歌ったのだとする解釈が流布している。






前の曲HOME次の曲