20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS



アイ・ウォント・ユー I Want You:ボブ・ディラン



ボブ・ディランの曲から「アイ・ウォント・ユー」I Want You(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  葬儀屋がため息をつく
  寂しい楽器屋が叫ぶ
  サクソフォンがいう あきらめろよって
  金切り声とホルンの音が
  あざけるようにぼくに吹き付ける
  でも あきらめられない
  アイ・ウォント・ユー アイ・ウォント・ユー
  アイ・ウォント・ユー ソー・バッド
  ハニー アイ・ウォント・ユー

  酔っ払いが飛び跳ねる
  路上では母親たちが泣く
  眠り込んでる牧師たちが
  きみを待ち構えている
  邪魔してやろうと思うんだ
  割れたコップをすすりながら
  きみに扉を
  開けてやろうと思うんだ
  アイ・ウォント・ユー アイ・ウォント・ユー
  アイ・ウォント・ユー ソー・バッド
  ハニー アイ・ウォント・ユー

  大人たちは卑屈になってる
  ほんとの愛を知らない
  娘たちにはいらつかされる
  ぼくにはそんな気はないのに

  スペードの女王のことを
  身近な女の子と話そう
  彼女はぼくの視線をまっすぐに
  受け止めてくれる
  彼女には何でも見える
  ぼくのことも見透かしだ
  でもどうでもいいや
  アイ・ウォント・ユー アイ・ウォント・ユー
  アイ・ウォント・ユー ソー・バッド
  ハニー アイ・ウォント・ユー

  チャイナ服を着たやつが踊りながら
  ばくに話しかける
  ぼくはあいつをこけにするつもりは
  なかったけど
  うそをつかれて腹はたった
  なぜならあいつはきみを誘って
  ドライブに連れ出したから
  なぜなら
  アイ・ウォント・ユー アイ・ウォント・ユー
  アイ・ウォント・ユー ソー・バッド
  ハニー アイ・ウォント・ユー


ボブ・ディランが1966年にリリースした曲。歌詞の内容は例によってとりとめないが、独特なフィーリングが若者の共感を呼んだ。







I Want You : Bob Dylan

  The guilty undertaker sighs,
  The lonesome organ grinder cries,
  The silver saxophones say I should refuse you.
  The cracked bells and washed-out horns
  Blow into my face with scorn,
  But it's not that way,
  I wasn't born to lose you.
  I want you, I want you,
  I want you so bad,
  Honey, I want you.

  The drunken politician leaps
  Upon the street where mothers weep
  And the saviors who are fast asleep,
  They wait for you.
  And I wait for them to interrupt
  Me drinkin' from my broken cup
  And ask me to
  Open up the gate for you.
  I want you, I want you,
  I want you so bad,
  Honey, I want you.

  Now all my fathers, they've gone down
  True love they've been without it.
  But all their daughters put me down
  'Cause I don't think about it.

  Well, I return to the Queen of Spades
  And talk with my chambermaid.
  She knows that I'm not afraid
  To look at her.
  She is good to me
  And there's nothing she doesn't see.
  She knows where I'd like to be
  But it doesn't matter.
  I want you, I want you,
  I want you so bad,
  Honey, I want you.

  Now your dancing child with his Chinese suit,
  He spoke to me, I took his flute.
  No, I wasn't very cute to him,
  Was I?
  But I did it, though, because he lied
  Because he took you for a ride
  And because time was on his side
  And because I . . .
  I want you, I want you,
  I want you so bad,
  Honey, I want you.





前へHOMEボブ・ディラン次へ




   


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2009
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである