20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBBS


トーキング・ダストボウル・ブルース(ダストボウルの語り歌)ウディ・ガスリー



ウディ・ガスリー(Woody Guthrie)のアルバム「ダストボウル・バラッズ(Dustbowl Ballads)」から「トーキング・ダストボウル・ブルース(ダストボウルの語り歌:Talking Dust Bowl Blues)」(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  1928年の頃までは
  俺は小さな農場を持ってたんだ
  そこで毎年収穫を得て
  それを町で売ったものだった
  そしてその金で必需品を手に入れ
  子どもを育て家族を養った

  ところが日照りが続き風が吹き
  真っ黒なダストボウルが空を覆った
  それで俺は農場を売ってフォードを手に入れ
  それをガソリンで満タンにして
  揺られながら山を越えて
  カリフォルニアを目指していったのさ

  はるばる山を越えていくと
  道はひどく車はがたがた
  それでもノンストップで走らせていくと
  車はポップコーンみたいにあっちこっち跳ね回り
  とうとう止まって動かなくなった
  通りがかった野郎が言ったよ
  そいつはエンジントラブルだって

  なにせ山のなかだから大変だぜ
  あたり一面松林なんだ
  おれはフォードをだましだまし走らせ
  早くカリフォルニアにつきたいと思った
  でもさすがにヘアピンカーブは
  うまくかわすことができなかった

  ちくしょうなんてこった
  なにもかもぶちこわしだぜ
  このフォードときたら空飛ぶリスみたいに
  空中を飛んでいく始末さ
  ワイフも子供たちも弾き飛ばされ
  みんなで山腹に不時着だよ

  なんとかカリフォルニアにたどり着くと
  腹ペコで一歩も進めない
  なけなしの金でジャガイモを買い
  それでワイフがシチューを作った
  水みたいに薄い奴さ
  死中を透かして雑誌が読める程さ
  これ以上ひどいことはないと
  いっても嘘ではないほどなのさ
  この辺の政治家だって
  きっと納得するはずだよ







Talking Dust Bowl Blues

  Back in Nineteen Twenty-Seven,
  I had a little farm and I called that heaven.
  Well, the prices up and the rain come down,
  And I hauled my crops all into town --
  I got the money, bought clothes and groceries,
  Fed the kids, and raised a family.

  Rain quit and the wind got high,
  And the black ol' dust storm filled the sky.
  And I swapped my farm for a Ford machine,
  And I poured it full of this gas-i-line --
  And I started, rockin' an' a-rollin',
  Over the mountains, out towards the old Peach Bowl.

  Way up yonder on a mountain road,
  I had a hot motor and a heavy load,
  I's a-goin' pretty fast, there wasn't even stoppin',
  A-bouncin' up and down, like popcorn poppin' --
  Had a breakdown, sort of a nervous bustdown of some kind,
  There was a feller there, a mechanic feller,
  Said it was en-gine trouble.

  Way up yonder on a mountain curve,
  It's way up yonder in the piney wood,
  An' I give that rollin' Ford a shove,
  An' I's a-gonna coast as far as I could --
  Commence coastin', pickin' up speed,
  Was a hairpin turn, I didn't make it.

  Man alive, I'm a-tellin' you,
  The fiddles and the guitars really flew.
  That Ford took off like a flying squirrel
  An' it flew halfway around the world --
  Scattered wives and childrens
  All over the side of that mountain.

  We got out to the West Coast broke,
  So dad-gum hungry I thought I'd croak,
  An' I bummed up a spud or two,
  An' my wife fixed up a tater stew --
  We poured the kids full of it,
  Mighty thin stew, though,
  You could read a magazine right through it.
  Always have figured
  That if it'd been just a little bit thinner,
  Some of these here politicians
  Coulda seen through it.



HOMEウディ・ガスリー次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010-2011
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである