20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBBS



煙が目にしみる(Smoke Gets in Your Eyes)



ザ・プラターズのヒット曲「煙が目にしみる(Smoke Gets in Your Eyes)」(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  みんなが ぼくに聞くんだ
  ぼくの愛について
  するとぼくは 心の中の思いを
  語るんだ

  愛する者は盲目だなんて
  みんかがぼくにいうんだ
  心に火がついているときには
  煙が目にしみると

  ぼくは笑いながら思うんだ
  みんながいうとおり 愛が
  消え去ってしまったならば
  一人ぽっちになるって

  ぼくを馬鹿にする友達に
  ぼくはこういうんだ
  愛の炎が消えたときでも
  煙が目にしみると


1933年に、ミュージカル「ロバータ」のために書かれた曲。作詞はオットー・ハーバック、作曲はジェローム・カーン。1958年にザ・プラターズがカバーして、リバイバル大ヒットさせた。







Smoke gets in your eyes

  They asked me how I knew
  My true love was true
  I of course replied something here inside
  Cannot be denied

  They said someday you'll find
  All who love are blind
  When your heart's on fire you must realize
  Smoke gets in your eyes

  So I chaffed them and I gaily laughed
  To think they would doubt our love
  And yet today my love has gone away
  I am without my love

  Now laughing friends deride
  Tears I cannot hide
  So I smile and say when a lovely flame dies
  Smoke gets in your eyes






HOMEアメリカン・ポップス




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010-2011
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである