20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBBS



ダイアナ(Diana)ポール・アンカ



ポール・アンカのヒット曲から「ダイアナ(Diana)」(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  僕らの年が釣り合わないって
  みんなはそういうんだけれど
  そんなことは気にしてないさ
  だって誓って言うけれど
  僕らは固く結ばれてて
  鳥のように自由なのさ
  オー・プリーズ・ステイ・バイ・ミー、ダイアナ

  君にきつく抱きしめられると
  ぞっとするほど震えるんだ
  ほんとに君を愛してるんだ
  君だって僕を愛してるだろ
  心の底から愛しているよ
  決して君とは離れないよ
  オー・プリーズ・ステイ・バイ・ミー、ダイアナ

  オー・マイ・ダーリン オー・マイ・ラバー
  僕だけを愛するといってよ
  僕も君だけを愛するから
  オ・オー オ・オー オ・オー
  君だけだよ 僕の
  君だけだよ 心をつかむのは
  君にきつく抱きしめられると
  ぼくはとろけてしまいそうだよ
  抱きしめてほしい 抱き 抱き締めて
  思いっきり抱きしめてよベイビー
  オー・プリーズ・ステイ・バイ・ミー、ダイアナ
  オー・プリーズ、ダイアナ


筆者のような戦後生まれのいわゆる団塊の世代の人間にとって、ポール・アンカの歌声は、子供心に初めて叩き込まれたアメリカン・ポップソングだった。このダイアナがヒットしたのは1957年、日本でも大ヒットとなり、小学生でも英語の歌詞の一部を歌うような次第だった。

筆者にとっては、青春の歌というよりは、その先にあった記憶のかなたの歌だ。







Diana

  I'm so young and you're so old
  This, my darling, I've been told
  I don't care just what they say
  'Cause forever I will pray
  You and I will be as free
  As the birds up in the trees
  Oh, please stay by me, Diana

  Thrills I get when you hold me close
  Oh, my darling, you're the most
  I love you but do you love me
  Oh, Diana, can't you see
  I love you with all my heart
  And I hope we will never part
  Oh, please stay with me, Diana

  Oh, my darlin', oh, my lover
  Tell me that there is no other
  I love you with my heart
  Oh-oh, oh-oh, oh-oh
  Only you can take my heart
  Only you can tear it apart
  When you hold me in your loving arms
  I can feel you giving all your charms
  Hold me, darling, ho-ho hold me tight
  Squeeze me baby with-a all your might
  Oh, please stay with me, Diana
  Oh, please, Diana
  Oh, please, Diana
  Oh, please, Diana






HOMEアメリカン・ポップス




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010-2011
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである