20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBBS



朝日のあたる家(House Of The Rising Sun)



トラディショナル・フォーク・バラード「朝日のあたる家(House Of The Rising Sun)」(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  一軒の家がニューオリンズにあって
  朝日と呼ばれてた
  早く言えば少年院のことさ
  おれもそこにいくんだ

  おふくろは仕立て屋で
  おれにジーンズを縫ってくれた
  親父はニューオリンズの
  ばくち打ちだった

  ばくち打ちに必要なのは
  トランクとスーツケースさ
  そいつが一番ごきげんなのは
  酔っぱらってるときさ

  息子に言って聞かせろ
  おれの二の舞はするなと
  でなければ惨めな思いをする
  朝日の上る家で

  片足はホームの上に置き
  もう片足は列車に乗せる
  結局ニューオリンズに戻るんだ
  足枷を嵌められるために

  一軒の家がニューオリンズにあって
  朝日と呼ばれてた
  早く言えば少年院のことさ
  おれもそこにいくんだ


アメリカのトラディショナル・フォーク・バラードで、ボブ・ディランもカバーしたことがあるが、もっともヒットしたのは、1964年のアニマルズによるカバー。

朝日の家の解釈にはいろいろあるが、少年院とするのが一番自然だ。歌詞の中に出てくる ball and chain は、囚人をつなぐための足かせのことである。







House Of The Rising Sun

  There is a house in New Orleans
  They call the Rising Sun
  And it's been the ruin of many a poor boy
  And God, I know I'm one

  My mother was a tailor
  Sewed my new blue jeans
  My father was a gamblin' man
  Down in New Orleans

  Now the only thing a gambler needs
  Is a suitcase in the trunk
  And the only time he's satisfied
  Is when he's on a drunk

  Oh, mother, tell your children
  Not to do what I have done
  Spend your lives in sin and misery
  In the house of the rising sun

  Well, I got one foot on the platform
  The other foot on the train
  I'm goin' back to New Orleans
  To wear that ball and chain

  Well, there is a house in New Orleans
  They call the Rising Sun
  And it's been the ruin of many a poor boy
  And God, I know I'm one






HOMEアメリカン・ポップス




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010-2011
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである