20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBBS



メモリー(Memory):バーブラ・ストライザンド



バーブラ・ストライザンドのヒット曲から「メモリー(Memory)」(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  真夜中の音もない歩道に
  途方に暮れた月が
  微笑みかける
  街灯の光に落ち葉が舞い
  風が忍び泣く

  思い出す 月明かりの中で
  過ぎ去った日々のことを
  その頃はよかったわ
  なにもかも幸せ色に染まってた
  もう一度戻りたい

  街灯がファンタスティックに
  点滅している
  誰かの声がして灯りがほのめく
  もうすぐ
  朝だわ

  日の光を
  待ち続けましょう
  あらたな旅立ちを
  あきらめないで
  夜明けとともに夜が過ぎ去り
  あたらしい日が始まる

  霧深い一日の後に
  新しい朝の匂いがする
  街灯が消え 夜は去り
  また夜明けが来る

  抱きしめて
  わたしを捨てないで
  一人ぼっちで
  生きるのはつらいわ
  抱きあえば あなたにもわかるわ
  生きるのは素敵だって


空前のロングランを記録したミュージカル「キャッツ」のテーマソング。原作者T.S.エリオットの草稿を下敷きにして、演出家のトレヴァー・ナンが創作した。







Memory

  Midnight not a sound from the pavement
  Has the moon lost her memory?
  She is smiling alone
  In the lamplight, the withered leaves collect at my feet
  And the wind begins to moan

  Memory, All alone in the moonlight
  I can dream of the old days
  Life was beautiful then
  I remember the time I knew what happiness was
  Let the memory live again

  Every streetlamp seems to beat
  A fatalistic warning
  Someone mutters and the street lamp gutters
  And soon
  It will be morning

  Daylight
  I must wait for the sunrise
  I must think of a new life
  And I mustn't give in.
  When the dawn comes, tonight will be a memory too
  And a new day will begin

  Burnt out ends of smoky days
  The stale cold smell of morning
  A streetlamp dies; another night is over
  Another day is dawning...

  Touch me!
  It's so easy to leave me
  All alone with the memory
  Of my days in the sun...
  If you touch me, you'll understand what happiness is
  Look, a new day has begun






HOMEアメリカン・ポップス




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010-2011
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである