20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


サウンド・オヴ・ミュージック Sound of Music



ミュージカル「サウンド・オヴ・ミュージック」 Sound of MusicからThe hills are alive (壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  丘を歩けば
  歌声がおこる
  千年もの間
  歌われてきた歌
  耳を傾ければ
  歌声がおこる
  わたしも一緒に歌ってみたい

  胸がときめく 
  空をかけまわる
  鳥のように
  胸が高鳴る
  そよ風に乗る
  鐘のように
  小川のせせらぎや小石に
  笑いかけ
  夜通し歌おう
  小鳥の祈りのように

  丘にいけば
  さびしいときでも
  聞きおぼえある
  歌が聞こえる
  その歌を聞けば
  心が満たされ
  歌いたくなるの


ミュージカル「サウンド・オヴ・ミュージック」は1965年にブロードウェーで初演され、以後ミュージカルのスタンダードとして世界中で上演されている。マリア・フォン・トラップの自伝的作品 Trapp Family Singers が原作だが、ミュージカル化にあたっては換骨堕胎されて単純なストーリーになっている。シナリオはオスカー・ハマースタイン、曲はリチャード・ロジャース

この曲はオープニングシーンで歌われるもので、作品の題名がそのままタイトルになっている。The hills are alive といわれることもある。







Sound of Music

  The hills are alive
  With the sound of music,
  With songs they have sung,
  For a thousand years.
  The hills fill my heart,
  With the sound of music.
  My heart wants to sing every song it hears.

  My heart wants to beat like the wings
  Of the birds that rise from the lake
  To the trees.
  My heart wants to sigh
  Like a chime that flies
  From a church on a breeze,
  To laugh like a brook when it trips and falls
  Over stones on its way
  To sing through the night,
  Like a lark who is learning to pray.

  I go to the hills
  When my heart is lonely.
   know I will hear
  What I heard before.
  My heart will be blessed
  With the sound of music
  And I'll sing once more.




HOMEミュージカル次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである