20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


スーパーカリフラジリスティック Supercalifragilisticexpialidocious



ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」から「スーパーカリフラジリスティック」Supercalifragilisticexpialidocious(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  スーパーカリフラジリスティ エクスピアリドーシャス
  なんだかわけのわからない
  言葉に聞こえるけど
  大声で叫べば
  さまになるでしょ
  スーパーカリフラジリスティ エクスピアリドーシャス
  アンディルディルディル アンディルライ
  アンディルディルディル アンディルライ

  ちっちゃかった頃には
  いえなかったもんだから
  パパが心配して
  教えてくれたんだ
  こうやって鼻をつまんで
  いってごらんよって
  するとおどろいたことに
  うまくいえたんだ
  オー スーパーカリフラジリスティ エクスピアリドーシャス
  アンディルディルディル アンディルライ
  アンディルディルディル アンディルライ

  だから猫に舌をかまれたときも
  びっくりしなくたっていい
  この言葉を思い出して
  おまじないをとなえるんだ
  でも気をつけてやったほうがいいよ
  でないととんでもないことになる
  でもこの言葉のおかげで
  ぼくは奥さんをみつけたんだ

  そうさ スーパーカリフラジリスティ エクスピアリドーシャス
  スーパーカリフラジリスティ エクスピアリドーシャス
  スーパーカリフラジリスティ エクスピアリドーシャス


メリー・ポピンズには楽しい歌がいっぱいある。なかでも飛びぬけて楽しいのがこの歌。メリー・ポピンズに扮するジュリー・アンドリュースがバートに扮するディック・ヴァン・ダイクとともに、踊りながら歌う。







Supercalifragilisticexpialidocious Lyrics

Supercalifragilisticexpialidocious!
Even though the sound of it
Is something quite atrocious
If you say it loud enough
You'll always sound precocious
Supercalifragilisticexpialidocious!
Um diddle diddle diddle um diddle ay
Um diddle diddle diddle um diddle ay

Because I was afraid to speak
When I was just a lad
My father gave me nose a tweak
And told me I was bad
But then one day I learned a word
That saved me aching nose
The biggest word I ever heard
And this is how it goes:
Oh, supercalifragilisticexpialidocious!
Even though the sound of it
Is something quite atrocious
If you say it loud enough
You'll always sound precocious
Supercalifragilisticexpialidocious!
Um diddle diddle diddle um diddle ay
Um diddle diddle diddle um diddle ay

So when the cat has got your tongue
There's no need for dismay
Just summon up this word
And then you've got a lot to say
But better use it carefully
Or it may change your life
One night I said it to me girl
And now me girl's my wife!

She's supercalifragilisticexpialidocious!
Supercalifragilisticexpialidocious
Supercalifragilisticexpialidocious
Supercalifragilisticexpialidocious!




前へHOMEミュージカル次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである