20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


サウンド・オヴ・サイレンス The Sound of Silence



サイモンとガーファンクル Simon & Garfunkel は1960年代末に活躍したミュージシャン、フォークとロックの中間のような音楽で人々を魅了した。筆者も熱心なファンの一人だった。
ふたりは子どもの頃からの仲良しで、大学時代に共同で音楽活動を始めた。ポール・サイモンが作詞作曲したものをふたりで歌うというのが、主なスタイルだった。アーサー・ガーファンクルの澄んだ歌声が、独特の雰囲気をもたらしていたものだ。

サウンド・オヴ・サイレンス The Sound of Silenceは、彼らの始めての大ヒット作で、1966年にリリースされ、後に映画「卒業」のテーマソングとして、世界中に知られるようになった。


サウンド・オヴ・サイレンス The Sound of Silence(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  暗黒の夜よ
  お前に語りたい
  ぼくが寝ている間に
  なにかが忍び込んできて
  ぼくの頭にこびりついたまま
  いまでも
  住みついてるんだ

  夢の中のぼくは
  狭い歩道を歩く
  街路灯のあかりに
  まぶしく照らされて
  するとネオンの光が
  夜の闇を
  突きさいたんだ

  その光の中には
  大勢の人が見えた
  誰も言葉なく
  誰も聞こうとせず
  声にならない歌を書きながら
  沈黙を
  かき乱していた

  沈黙というのは
  ガンのように広がっていく
  ぼくのいうことは本当だ
  だからぼくを受け入れて欲しい
  ぼくの言葉は雨のしずくの
  ように
  しみわたるだろう

  ひとびとは頭をたれ
  ネオンの光に祈る
  ネオンは光り輝き
  言葉を訴えかける
  それは予言の言葉
  地下鉄の壁やアパートの
  広間で
  よくささやかれる言葉だ







The Sound of Silence By Paul Simon

  Hello darkness, my old friend,
  I've come to talk with you again,
  Because a vision softly creeping,
  Left its seeds while I was sleeping,
  And the vision that was planted in my brain
  Still remains
  Within the sound of silence.

  In restless dreams I walked alone
  Narrow streets of cobblestone,
  'Neath the halo of a street lamp,
  I turned my collar to the cold and damp
  When my eyes were stabbed by the flash of a neon light
  That split the night
  And touched the sound of silence.

  And in the naked light I saw
  Ten thousand people, maybe more.
  People talking without speaking,
  People hearing without listening,
  People writing songs that voices never share
  And no one dare
  Disturb the sound of silence.

  "Fools" said I, "You do not know
  Silence like a cancer grows.
  Hear my words that I might teach you,
  Take my arms that I might reach to you."
  But my words like silent raindrops fell,
  And echoed
  In the wells of silence

  And the people bowed and prayed
  To the neon god they made.
  And the sign flashed out its warning,
  in the words that it was forming.
  And the sign said, "The words of the prophets
  are written on the subway walls
  And tenement halls."
  And whisper'd in the sounds of silence.




HOMEサイモンとガーファンクル次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである