20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS



歌って欲しい Your Song:エルトン・ジョン



エルトン・ジョンの歌から「歌って欲しい」Your Song(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  ちょっとしびれてるんだ 心のなかが
  ぼくは簡単には 気取れないんだよ
  一文無しだけど もし金があったら
  家を買ってそこで きみと暮らしたい

  彫刻家だなんて 柄じゃないけど
  薬売りの大道芸人くらいにはなれるよ
  きみを喜ばすことができたらうれしい
  ぼくの心づくしの歌を贈りたい

  そしたらきみは それを自分の歌にして
  思う存分歌ったらいいんだよ
  気に召すままに
  気に召すままに
  そのままに 受け入れて欲しいんだ

  屋根の上に横たわり コケを蹴飛ばしながら
  きみへ捧げる歌を 作り続けたんだ
  でもそれを作ってる間 太陽は輝いてくれた
  きみのようなひとに それを歌って欲しい

  それこそ夢中で 作り続けたんだ
  どんな色合いにして どんな雰囲気にして
  きみを喜ばせたらいいのか考えながら
  きみだけにぼくの歌をわかって欲しかったんだ

  そしたらきみは それを自分の歌にして
  思う存分歌ったらいいんだよ
  気に召すままに
  気に召すままに
  そのままに 受け入れて欲しいんだ


エルトン・ジョンがバーニー・トーピンの詩に曲をつけて1970年のアルバムの中でリリースした。彼の初期の代表的な曲だ。フォークとロックのハイブリッドのようなこの曲は、当時の若者に熱狂的な支持を受けた。

以後エルトン・ジョンとバーニ・トーピンのコンビは数多くのヒットを生み出した。







Your Song Music: Elton John Lyrics: Bernie Taupin

  It's a little bit funny this feeling inside
  I'm not one of those who can easily hide
  I don't have much money but boy if I did
  I'd buy a big house where we both could live

  If I was a sculptor, but then again, no
  Or a man who makes potions in a travelling show
  I know it's not much but it's the best I can do
  My gift is my song and this one's for you

  And you can tell everybody this is your song
  It may be quite simple but now that it's done
  I hope you don't mind
  I hope you don't mind that I put down in words
  How wonderful life is while you're in the world

  I sat on the roof and kicked off the moss
  Well a few of the verses well they've got me quite cross
  But the sun's been quite kind while I wrote this song
  It's for people like you that keep it turned on

  So excuse me forgetting but these things I do
  You see I've forgotten if they're green or they're blue
  Anyway the thing is what I really mean
  Yours are the sweetest eyes I've ever seen

  And you can tell everybody this is your song
  It may be quite simple but now that it's done
  I hope you don't mind
  I hope you don't mind that I put down in words
  How wonderful life is while you're in the world




YouTubeでこの曲を聞く


HOMEエルトン・ジョン次へ




   


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである