20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS



黄昏のレンガ道 Goodbye Yellow Brick Road:エルトン・ジョン



エルトン・ジョンの歌から「黄昏のレンガ道」Goodbye Yellow Brick Road(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  いつ降りていくんだよ
  いつになったら戻れるんだ
  やはり田舎にいればよかった
  爺さんのいうことをきくべきだった

  ぼくはきみの思い通りには
  絶対にならないぞ
  ぼくはきみらのおもちゃじゃない
  ぼくはまだ未来がある身だ

  グッド・バイ・イェロー・ブリックロード
  こんなところとはおさらばだ
  きみのいうなりにはならないぞ
  自分の道をいくんだ

  あのふくろうのいる森に帰って
  がま蛙を追いかけよう
  ぼくの未来があるのは黄昏の
  レンガ道の彼方だ

  そしたらきみはどうする
  ひっくり返るほど驚くかい
  再び立ち直るために たらふく
  ウォッカを飲むといいや

  ぼくのかわりなんかすぐに
  見つけることができるさ
  一文なしできみのような
  金持ちを探してるのがいるさ

  グッド・バイ・イェロー・ブリックロード
  こんなところとはおさらばだ
  きみのいうなりにはならないぞ
  自分の道をいくんだ

  あのふくろうのいる森に帰って
  がま蛙を追いかけよう
  ぼくの未来があるのは黄昏の
  レンガ道の彼方だ


1973年にリリース。エルトン・ジョンの代表作といえるものだ。歌詞の内容は非常に謎めいているので、色々な解釈がなされてきた。少年の自立をうたったものだとか、同性愛者の気持を歌ったものだとか。エルトン・ジョンが同性愛者で、しかもパッシブな役割が好きだったことは、よく知られている。







Goodbye Yellow Brick Road
Music by Elton John
Lyrics by Bernie Taupin

  When are you gonna come down
  When are you going to land
  I should have stayed on the farm
  I should have listened to my old man

  You know you can't hold me forever
  I didn't sign up with you
  I'm not a present for your friends to open
  This boy's too young to be singing the blues

  So goodbye yellow brick road
  Where the dogs of society howl
  You can't plant me in your penthouse
  I'm going back to my plough

  Back to the howling old owl in the woods
  Hunting the horny back toad
  Oh I've finally decided my future lies
  Beyond the yellow brick road

  What do you think you'll do then
  I bet that'll shoot down your plane
  It'll take you a couple of vodka and tonics
  To set you on your feet again

  Maybe you'll get a replacement
  There's plenty like me to be found
  Mongrels who ain't got a penny
  Sniffing for tidbits like you on the ground

  So goodbye yellow brick road
  Where the dogs of society howl
  You can't plant me in your penthouse
  I'm going back to my plough

  Back to the howling old owl in the woods
  Hunting the horny back toad
  Oh I've finally decided my future lies
  Beyond the yellow brick road




YouTubeでこの曲を聞く



前へHOMEエルトン・ジョン次へ




   


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである