20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


スーパースター Superstar :カーペンターズ



カーペンターズの歌から「スーパースター」Superstar(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  ある日突然
  愛してしまったの あなたのことを
  すすり泣くようなギターの音に
  わたしの心は
  しびれたのよ

  覚えてるかしら あなたがわたしにいったこと
  あなたはいったのよ いつもわたしのものだって
  そうよわたしだってあなたを 愛しているわ

  ひとりぽっちはさびしい
  待ち続けるのはつらい
  だからわたしの元へもどって
  あなたのさびしいギターを
  弾いて欲しいの
  
  覚えてるかしら あなたがわたしにいったこと
  あなたはいったのよ いつもわたしのものだって
  そうよわたしだってあなたを 愛しているわ


1969年、ボニー・ブラムレットとレオン・ラッセルによって作られ、デラニー&ボニーが歌ってヒットしていたが、1971年にカーペンターズが歌って大ヒットした。日本語では「二人の誓い」と訳されることが多い。







Superstar

  Long ago and oh so far away
  I fell in love with you before the second show
  Your guitar, it sounds so sweet and clear
  But you're not really here
  It's just the radio

  Don't you remember you told me you loved me baby
  You said you'd be coming back this way again baby
  Baby, baby, baby, baby, oh, baby, I love you I really do

  Loneliness is a such a sad affair
  And I can hardly wait to be with you again
  What to say to make you come again
  Come back to me again
  And play your sad guitar

  Don't you remember you told me you loved me baby
  You said you'd be coming back this way again baby
  Baby, baby, baby, baby, oh, baby, I love you I really do




YouTubeでこの曲を聞く


前へHOMEカーペンターズ次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである