20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


きっとどこかに SOMEWHERE:ウェストサイド物語



ミュージカル「ウェストサイドストーリー」から「きっとどこかに」SOMEWHERE(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  きっとどこかにあるよ
  ぼくらのための土地が
  平和で静かで安らかな
  土地が
  どこかに

  きっといつかくるわ
  わたしたちのための時間が
  二人で手を携えて
  やり直せるようなときが
  いつか

  どこかで
  二人でやりなおそう
  新しい生活を始めよう
  どこかで

  きっとどこかにある
  わたしたちのための土地が
  手を携えて探しに行けば
  きっと見つかるに違いない
  きっと
  いつか
  どこかで


殺人を犯してしまったトニーはこの世でマリアとめでたく結ばれることができなくなる。そんな二人が別の世界に手を携えて逃げていこうとする気持ちを持つのは当然のことかもしれない。

この歌はそんなふたりのやるせない気持ちを歌ったもの。トニーとマリアがデエットでかわるがわる歌う。







SOMEWHERE
Music by Leonard Bernstein, lyrics by Stephen Sondheim.

  There's a place for us,
  Somewhere a place for us.
  Peace and quiet and open air
  Wait for us
  Somewhere.

  There's a time for us,
  Some day a time for us,
  Time together with time spare,
  Time to learn, time to care,
  Some day!
  
  Somewhere.
  We'll find a new way of living,
  We'll find a way of forgiving
  Somewhere . . .

  There's a place for us,
  A time and place for us.
  Hold my hand and we're halfway there.
  Hold my hand and I'll take you there
  Somehow,
  Some day,
  Somewhere!




前へHOMEミュージカル次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである