20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


金持ちだったら If I Were a Rich Man:屋根の上のヴァイオリン弾き



ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」から「金持ちだったら」If I Were a Rich Man(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  おれが金持ちだったら
  ヤハ ディダディダ ババババ ディダディダ ダム
  一日中楽な暮らし
  こんなに汗水たらして
  働かなくていいんだ
  ヤハ ディダディダ ババババ ディダディダ ダム
  金さえあれば
  ひとかどの男さ

  部屋が12もあるでっかい家をたてるぞ
  それも町の真ん中に
  屋根はブリキ 床はシロムクの材料
  大広間には長い長い階段があって
  その脇にはもっと長い階段
  もうひとつの階段は飾り物

  庭では鶏や七面鳥 あひるや鴨を飼うんだ
  見せびらかすために
  家畜たちのがやがやとうるさいわめき声が
  トランペットの音のように響く

  おれが金持ちだったら
  ヤハ ディダディダ ババババ ディダディダ ダム
  一日中楽な暮らし
  こんなに汗水たらして
  働かなくていいんだ
  ヤハ ディダディダ ババババ ディダディダ ダム
  金さえあれば
  ひとかどの男さ

  女房のゴルデも金持ちの女房らしく
  丸々と太って
  うれしそうに料理の世話をやく
  あいつが孔雀のようにきどって歩きながら
  召使に指図するのを見たいものだ

  おれは町の重要人物 みんなにちやほやされ
  いろんな相談を持ちかけられる
  テヴィエさん こんにちは
  テヴィエさん よろしく
  おれはラビのような目つきで応対する
  なあにすこしくらい的外れでもいいんだ
  金持ちのいうことには間違いはないんだ

  おれがもしも金持ちだったら
  教会でお祈りする時間も持てる
  聖なる壁のそばで座ってもいられる
  教養のある男たちと一日中議論をしてもいられる
  なんてすばらしい時間なんだ

  おれが金持ちだったら
  ヤハ ディダディダ ババババ ディダディダ ダム
  一日中楽な暮らし
  こんなに汗水たらして
  働かなくていいんだ
  ヤハ ディダディダ ババババ ディダディダ ダム
  金さえあれば
  ひとかどの男さ


「屋根の上のヴァイオリン弾き」は1960年代に大ヒットしたブロードウェー・ミュージカル。日本では森繁久弥が主演して話題を呼んだ。

原作はショーレム・アレイヘムの小説「牛乳屋テヴィエ」。帝政ロシア末期を背景に、迫害されるユダヤ人一家を描いたものだ。

主人公のテヴィエは貧しいながら多くの娘たちに恵まれ、妻や娘たちの幸福を願ってやまないユダヤ人だ。だがテヴィエのささやかな希望は次々と打ち砕かれ、最後にはロシアを追われてイスラエルに逃れるというのが、原作の荒筋だ。ミュージカルでは希望を求めてアメリカに移住することになっている。

この歌はテヴィエがそんなささやかな思いを込めて歌ったもの。







If I Were a Rich Man

  If I were a rich man,
  Ya ha deedle deedle, bubba bubba deedle deedle dum.
  All day long I'd biddy biddy bum.
  If I were a wealthy man.
  I wouldn't have to work hard.
  Ya ha deedle deedle, bubba bubba deedle deedle dum.
  If I were a biddy biddy rich,
  Yidle-diddle-didle-didle man.

  I'd build a big tall house with rooms by the dozen,
  Right in the middle of the town.
  A fine tin roof with real wooden floors below.
  There would be one long staircase just going up,
  And one even longer coming down,
  And one more leading nowhere, just for show.

  I'd fill my yard with chicks and turkeys and geese and ducks
  For the town to see and hear.
  And each loud "cheep" and "swaqwk" and "honk" and "quack"
  Would land like a trumpet on the ear,
  As if to say "Here lives a wealthy man."

  If I were a rich man,
  Ya ha deedle deedle, bubba bubba deedle deedle dum.
  All day long I'd biddy biddy bum.
  If I were a wealthy man.
  I wouldn't have to work hard.
  Ya ha deedle deedle, bubba bubba deedle deedle dum.
  If I were a biddy biddy rich,
  Yidle-diddle-didle-didle man.

  I see my wife, my Golde, looking like a rich man's wife
  With a proper double-chin.
  Supervising meals to her heart's delight.
  I see her putting on airs and strutting like a peacock.
  Oy, what a happy mood she's in.
  Screaming at the servants, day and night.

  The most important men in town would come to fawn on me!
  They would ask me to advise them,
  Like a Solomon the Wise.
  "If you please, Reb Tevye..."
  "Pardon me, Reb Tevye..."
  Posing problems that would cross a rabbi's eyes!
  And it won't make one bit of difference if i answer right or wrong.
  When you're rich, they think you really know!

  If I were rich, I'd have the time that I lack
  To sit in the synagogue and pray.
  And maybe have a seat by the Eastern wall.
  And I'd discuss the holy books with the learned men, several hours every day.
  That would be the sweetest thing of all.

  If I were a rich man,
  Ya ha deedle deedle, bubba bubba deedle deedle dum.
  All day long I'd biddy biddy bum.
  If I were a wealthy man.
  I wouldn't have to work hard.
  Ya ha deedle deedle, bubba bubba deedle deedle dum.
  If I were a biddy biddy rich,
  Yidle-diddle-didle-didle man.




前へHOMEミュージカル次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである