20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


ピッコリーノ The Piccolino:トップ・ハット



ミュージカル映画「トップ・ハット」から「ピッコリーノ」The Piccolino(壺齋散人による歌詞の日本語訳

  アドリア海の汀
  ヴェニスの若者たちが
  ギターでつまびくのは聴きなれぬ調べ

  これを作ったのは
  ブルックリンに住む
  イタリア人のゴンドラ乗りの若者なの

  メロディを作って
  海のかなた
  イタリアへ
  送り届けたんだって
  イタリアの人たちは
  それに詩をつけて
  題もつけたのよ
  ピッコリーノ

  みんながこうして歌っているのは
  そんなわけがあるのよ
  出来立ての新しい歌を歌ってるの

  カジノへ来て
  この歌を聞きながら
  恋人と踊りなさい
  ピッコリーノの調べにあわせて
  ワインを飲めば
  料理の味も抜群になるわ
  ピッコリーノを聞きましょう
  素敵な曲よ
  その調べにあわせダンスをしましょう
  ピッコリーノ


ヴェニスのレストランを舞台にジンジャー・ロジャースが恋人訳のフレッド・アステアを前にして歌う。歌に続いて二人のタップダンスが演じられる。







The Piccolino By Irving Berlin

  By the Adriatic waters
  Venetian sons and daughters
  Are strumming a new tune upon their guitars

  It was written by a Latin
  A gondolier who sat in
  His home out in Brooklyn and gazed at the stars

  He sent his melody
  Across the sea
  To Italy
  And we know
  They wrote some words to fit
  That catchy bit
  And christened it
  The Piccolino

  And we know that it's the reason
  Why everyone this season
  Is strumming and humming a new melody

  Come to the casino
  And hear them play the Piccolino
  Dance with your bambino
  To the strains of the catchy Piccolino
  Drink your glass of vino
  And when you've had your plate of scalopino
  Make them play the Piccolino
  The catchy Piccolino
  And dance to the strains of that new melody
  The Piccolino




前へHOMEミュージカル次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである