20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS


コンドルが飛んでいく EL CONDOR PASA



サイモンとガーファンクルの歌「コンドルが飛んでいく」EL CONDOR PASA(壺齋散人訳)

  カタツムリよりもツバメでいたい
  ほんとさ できるものなら そうありたい
  釘になるよりハンマーになりたい
  ほんとさ できるものなら そうありたいんだ

  遠くへ 遠くへいってしまいたい
  白鳥のように飛びながら
  地面に繋がれたままじゃ
  悲しみしかわいてこない
  悲しみしか

  道路になるより森になりたい
  ほんとさ できるものなら そうなりたい
  自分の足で大地を踏みしめたい
  ほんとさ できることなら そうしたいんだ


1970年にリリースされたアルバム Bridge over troubked Water に収録された。アンデスのフォークロアの曲に、サイモンが詞をつけたものだ。







EL CONDOR PASA (IF I COULD)

  I'd rather be a sparrow than a snail
  Yes I would, if I could, I surely would
  I'd rather be a hammer than a nail
  Yes I would, if I only could, I surely would

  Away, I'd rather sail away
  Like a swan that's here and gone
  A man gets tied up to the ground
  He gives the world its saddest sound
  Its saddest sound

  I'd rather be a forest than a street
  Yes I would, if I could, I surely would
  I'd rather feel the earth beneath my feet
  Yes I would, if I only could, I surely would




YouTubeでこの曲を聞く


前へHOMEサイモンとガーファンクル次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである