20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS



ごめんなんていやな言葉 Sorry Seems To Be The Hardest Word:エルトン・ジョン



エルトン・ジョンの歌から「残念なんていやな言葉」Sorry Seems To Be The Hardest Word(壺齋散人による歌詞の日本語訳)

  どうしたら愛してもらえるんだろう
  どうしたら抱いてもらえるんだろう
  雷に打たれたようなこの苦しみ
  目覚めたらきみはもういなかった

  どうしたら欲してもらえるんだろう
  どうしたら聞いてもらえるんだろう
  もう終わってしまったんだろうか
  ごめんなんていやな言葉だよ

  悲しいよ とても悲しい
  悲しいよ ぼくはとても
  だんだんとだめになっていく感じだ
  悲しいよ とても悲しい
  こんなことは受け流して
  やり直したい
  ごめんなんていやな言葉だよ


1976年に、エルトン・ジョンとバーニー・トーピンのコンビによってリリースされた。女に捨てられた男の悲しい気持ちを歌ったバラード調の曲だ。







Sorry Seems To Be The Hardest Word

  What have I got to do to make you love me
  What have I got to do to make you care
  What do I do when lightning strikes me
  And I wake to find that you're not there

  What do I do to make you want me
  What have I gotta do to be heard
  What do I say when it's all over
  Sorry seems to be the hardest word

  It's sad, its so sad
  It's a sad, sad situation
  And it's getting more and more absurd
  It's sad, so sad
  Why can't we talk it over
  Oh, it seems to me
  That sorry seems to be the hardest word




YouTubeでこの曲を聞く


前へHOMEエルトン・ジョン次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである