20th century super sounds 20世紀のスーパーサウンズ
HOMEブログ本館フランス詩英詩シェイクスピアブレイクマザーグースビートルズ東京を描くBSS



ビリー・ホリディ :名曲の歌詞の和訳


今では伝説の歌手となった黒人女性ジャズシンガー、ビリー・ホリデイ BillieHoliday(1915-1959)は生涯黒人であることにこだわり続けた。ビリー・ホリデイが生きた20世紀前半、アメリカは人種差別の横行する社会であり、黒人は人間とはみなされなかった。南部を中心に、白人の黒人に対する差別は激しいものがあり、時には反抗する黒人をリンチにかけて吊るすことが、当然のことのように行われていた。

そんなビリー・ホリデイが歌った歌に「奇妙な果実」 “Strange Fruit” という作品がある。白人からリンチを受けて、ポプラの木に吊るされた黒人を歌ったものだ。彼女は、その吊るされた黒人の男を、自分の父親のイメージに重ねて、この歌を歌ったという。1930年代のことであったから、白人社会にはなかなか受け入れられなかったが、やがてビリー・ホリデイという歌手を象徴する歌として、世界中に知られるようになった。

ここでは、そんなビリー・ホリデイが歌った名曲の歌詞を取り上げ、管理人による和訳と簡単な解説を付した。



  奇妙な果実 Strange Fruit
 月光のいたずら What a little moonlight can do
 ミスブラウン Miss Brown To You
 もしもあなたが If you were mine
 ビリーズ・ブルース Billie's Blues
 とろけそうに素敵(ファイン・アンド・メロウ)Fine And Mellow
 わたしのあなた Lover Man
 言い訳はなしよ Don't Explain
 イージー・リヴィング Easy Living
 金持ちの子供に祝福あれ God Bless The Child
 マイ・マン My Man
 ビリー・ホリディのブルース Lady Sings The Blues
 サマータイム Summertime
 セントルイス・ブルース St Louis Blues




HOME




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである